1. HOME
  2. BLOG
  3. HALFPENNY おすすめウェディングドレス

06/27

HALFPENNY おすすめウェディングドレス

いつもAuthentique(オーセンティック)のブログをご覧下さり、
誠にありがとうございます。

Authentiqueバリの吉本美帆です。

本日はHALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)の
ウエディングドレス2着をご紹介いたします。

イギリスのヴィンテージドレスにインスピレーションを得た
HALFPENNY(ハーフペニー)のドレスは、
全てロンドンのアトリエで丁寧に作られ、
オーセンティックで日本初上陸となりました。

ケイトモスなど多くの著名人から
信頼を得るスタイリストでもあり、
ファッション性の高いデザイン、上質な生地、
繊細なビジューや刺繍からなるドレスは
彼女にしか作れないといわれています。

今回は2017 Collectionからセレクトした2着、
Elaine(エレーン)とEsme(エスメ)についてご紹介いたします。

2017Collectionのテーマとなった”Wild Love”

デザイナーのケイトはイングリッシュローズガーデンから
インスピレーションを受け、
繊細、且つ大胆なフローラルの刺繍にそれが現れています。

フレンチレースと流れるようなシルクのスカートのコンビネーションが、
うっとりとするような一着を作り出します。

Elaine 03-70228

手作業で縫いとめられたビーディングに
エンブロイダリー生地、
やわらかいソフトチュールのスカートに、
シルクのスリップの柔らかい肌触りが上品な高級感を漂わせます。
ヴィンテージ、且つクラシカルにお洒落にお召しいただけるElaineは、
サンセットウエディングやロマンティックディナーの雰囲気にマッチします。

Esme 03-70225

透明感のあるオーガンジー全体に
敷きつめられたフローラルの刺繍、
柔らかいハートカットの胸元が
芯の強さと女性らしさを演出します。
挙式ではデコルテラインを出し爽やかに、
レセプションではボレロを使用し、
雰囲気を変えてお召しになってみてはいかがでしょうか。

裏地までシルクを使用し、細部にまでこだわった
HALFPENNYのドレスは、
アヤナリゾートの大自然の景色、
ゲストの方々とお近くで
触れ合うアットホームなお式にぴったりです。

ぜひ、実際にドレスを手にとって、
ひとつひとつの刺繍の繊細さ、
ケイトの細部までのこだわりを感じてみてください。

↑ PAGE TOP