05/29

バリニーズ衣装

いつもAuthentiqueのブログをご覧いただき、
ありがとうございます。
Authentique バリの吉本です。

あ
常夏のバリで、ゲストの皆さまには何を
お召しいただくと快適に過ごしていただけるか、
より“バリらしさ”を表現できるゲストの方の衣装はなにか、
お写真もリゾートらしく、華やかに残したい!
など、リゾートウエディングではご参列の皆さまの
お衣装も大切なポイントとなります。

そこで、本日はバリニーズ衣装についてご紹介いたします。

い
Authentique Baliでは、ご参列の皆さまに
バリニーズ衣装をご用意しております。

– 女性の伝統的衣装、クバヤ-
クバヤは、コットンやシルクなど、半透明の素材がよく用いられ、
レースや刺繍が美しい民族衣装です。
デザインや色味によって冠婚葬祭で万能なクバヤは、
普段着としても用いられます。
バリの女性は何着もクバヤを持ち、
おしゃれを楽しんでいるそうです。

– 男性の伝統的衣装、バティック –
インドネシアが世界に誇るバティックは
”蠟纈(ロウケツ)染めの布”のことで、
世界無形文化遺産にも登録されています。
その昔は王宮や一部貴族のみが着用を許されていましたが、
現在は正装として一般男性にも着られています。

◇女性用◇
繊細な刺繍が美しいクバヤ

う1え
豊富なカラーバリエーションからお選びいただけるサロン

お
ウエストでワンポイントとなるスレンダン

か
職人の手で丁寧に編みこまれたアタバック

きく
◇男性用◇
色鮮やかな模様が美しいバティックと、落ち着いた風合いのサファリ

けこ
顔写りを華やかにするウドゥン

しさ
艶やかな刺繍が特徴のサプッ

す
今回ご紹介したお色味以外のものもございます。
それぞれお好みの色を組み合わせて、
オリジナルのコーディネートを楽しんでいただければと思います。

Authentiqueのバリニーズ衣装は、生地はバリで買い付け、
お仕立ては日本で行いました。
そのため、本場バリの生地を使用しながら、
日本クオリティーの衣装となっております。

ウエディング当日は、
Authentique Baliにてお着付けをさせていただきますので
皆さまでお支度の時間も楽しんでいただければと思います。

せ
民族衣装ならお写真も”バリらしさ”がぐんとアップします。

ご親族やゲストの方々にも、
民族衣装で普段と違うリゾートの雰囲気を味わっていただきたいですね。

↑ PAGE TOP